パチンコ無料攻略法

パチンコ詐欺攻略会社の手口

パチンコ攻略法詐欺の手口

・一定の手順で大当たりを引ける、
    連荘すると言った攻略法を販売している。
・手順道理にしたが、一向に当たらない等で問い合わせると
  タイミングが違う、周期があってないと誤魔化されてしまう。




過去にはパチンコ・パチスロには、
攻略法または裏技と呼べるものが確かにありました。
一定の手順であたりを引ける、連荘する等。
いわゆるキズネタと呼ばれるものです

ですが、それは過去の話です。
メーカーがまだ未発達だった頃に起きた事です。

昔は、当たりを誘発する方法を残したまま、
発売されている事がありました。

今はどうでしょう?
メーカーのチェックもより厳しくなりました。
万が一攻略法を残したまま発売されても、
店側がチェック・遊戯禁止と対策がすぐうたれてしまいます。

それにも関わらず、
雑誌のCMの欄には攻略会社の情報がどっさり。

しかも
キズネタ発覚!!」
「わずか3手順でセット」
「連荘が止まらない」・・・・など

私自身パチスロをやっていました。
なので負けが込んでいる時に、
記事を見ると購入してみたくもなります。
迷っている子羊に救いを与えてくれる。と思ってしまいます。

しかし、人間弱ったときほど騙され易いものです。
詐欺師はそれを熟知しています。

攻略会社が堂々と記載されているのは何故なんでしょう?
警察も見てみぬふりでしょうか?
おかしな話です。

大きな産業ですからね。
パチンコ・スロットの昨年の総利益は数十億と聞きました。
それだけの人が負けていると言うことです。

本物の情報は雑誌なんかには載っていません
そんな事をすればすぐに対策されてしまいますからね

パチンコ・パチスロメーカー
の人間だってバカじゃありません
そういった攻略情報
チェックし、購入しているんです

では本物の攻略情報はどこにあるのか・・・?


     続きを読む

本当に勝てる攻略法は出回っていないだけ

本当に稼げる攻略情報というものは、
知っている者だけが密かに共有するものであって、
それは門外不出の秘術として一般にはほとんど出回りません。

あなたがパチスロに関する攻略情報を得るのであれば、
雑誌等を見るのが普通でしょうが、
今回の攻略情報は雑誌等にもほとんど紹介されていないものなのです。

(一部紹介されているものもありますが、
    その優位性に気付けていない場合がほとんどです)


・データ機を見る(2秒)
・条件に合えば打つ、合わなければ打たない(この判断に2秒)
・終了条件まで打ち続ける(機種にもよりますが、約30分)
・流して終了(+2千円〜)


わずか、30分と4秒で結果を出せてしまう方法ですから、
知っていれば誰もが飛びつくのは間違いないのですが、
ほとんどの方はそれがそこまで
価値のあるものだとは気付きすらしません。

もちろん、インチキ攻略法の類ではありません。
あんな根も葉もないようなものと
一緒にすることはやめて下さいね(苦笑)

知っているか知らないかだけで、天と地の差があるのです。

無知は損です。


私達からお伝えすることを実践すれば、
文字通り“超簡単”で“超安定”して稼げます。
そして、パチスロでこれ以上“簡単”に稼ぐ方法は存在しません。


・軍資金が少なくても問題ないです
・ボッタクリ店しかなくても問題ないです
・夕方以降からしか打てなくても問題ないです


あなたが実践するのは、

パチスロのデータ機を見る(2秒)
・条件に合えば打つ、合わなければ打たない(この判断に2秒)
・終了条件まで打ち続ける(機種にもよりますが、約30分)
・流して終了(+2千円〜)

たったこれだけの作業です。
今すぐにでもできます。

この、パチスロ冬の時代に
今もなお稼ぎ続ける3人のスロプロが、
誰にも教えたくない誰でも簡単に勝てる秘訣を
期間限定で公開します。

   続きを読む

パチンコ攻略会社の嘘

巷にパチンコ攻略会社というものが
 あふれかえっています

 その数2000とも5000とも言われます

 しかし、そのほとんどが詐欺会社と言われるものばかりです

  高いお金を支払って

   攻略法を手にしたところで

     実際には使えないものばかりです



よくある詐欺会社の手口としては

 ・営業マンは言葉巧みに「出ます」簡単に勝てます」
     などとお客を誘導する

 ・入金後は営業マンと会話させてもらえる事はなく
   自称「プロ」と呼ばれる人の応対となる

 ・「プロ」はもっともらしい事を
    えんえんと語るが、実際に出ない事を伝えると
      「セットがうまく出来ませんでしたね」とか
       「手順にブレがでたんでしょう」
      「今後精度を上げて行きましょう」


     などと、お客のせいにする


この会社も同様の手口でしたね




  もう偽の情報にはだまされないでください!!